取引ツール・サービス

お客様の投資を徹底サポート

第16回 ストキャスティクス

チャート道場タイトル

ストキャスティクス

「ストキャスティクスって何?」
no-img2
みやじまくん

「ス・ト・キャス・ティクス」言いにくいチャート名だな~

no-img2
館長

おっ、みやじまくん、また次のチャートの勉強かい?
熱心だね!
その「ストキャスティクス」はジョージ・レインという人が開発したテクニカルチャートだ!
「Stochastic」:統計学的な、とか確率的なとか言う意味かな?
大げさな名前だけど一定の日数の値幅の中で、今、株価がどの位置にあるかの位置関係によって高値圏にあるのか、安値圏にあるのか探る手法だ。

no-img2
みやじまくん

計算式は?っと・・・・・
%K=100{(C-L9) / (H9-L9)}
????

no-img2
館長

計算式を見てもわからないよね。
C・H・Lは各々、次のことをは意味している。

C:終値
H:高値
L:安値

その上で
L9は9日間の安値
H9は9日間の高値

と言う意味だ!

no-img2
みやじまくん

と言うことは、この計算式は、
9日間の上下幅の中で今が安値からどの程度の位置にあるかを示していると言うことだ。
冒頭に館長が言ってた「今の位置関係」を表しているんだな!

no-img2
館長

その通り!
一定期間の価格レンジの中で直近の終値が相対的にどのレベルに位置するかを 0%~100%まで示している。

no-img2
みやじまくん

あれっ、もう一つ、「%D」と言うのもあるぞ。
%D=100×{(C-L9)の3日間合計/(H9-L9)の3日間合計}
これは、上の%Kを3日間の平均にしたものだな。

no-img2
館長

ファーストストキャスティックスイメージ

no-img2
館長

使い方は主に3つ

①%Kや%Dの位置での判断

70~80 以上のところでアップサイドリスク(買われすぎのリスク)の高まり、30~20 以下でダウンサイドリスク(売られすぎのリスク)の高まりを示唆する。


②%K と%D のクロスで判断
%K が%D とクロスし、%K が%D を上に抜けるとき買いシグナル、%K が%D を下抜けるとき売りシグナルとする。


③コンバージェンスとダイバージェンスからの判断
コンバージェンス:株価が安値を更新しているが、%Kや%Dが安値圏で安値を更新できず右肩上がりの傾向を示している状態 ⇒ 買いシグナル
ダイバージェンス:株価が高値を更新しているが、%Kや%Dが高値圏で高値を更新できず右肩下がりの傾向を示している状態 ⇒ 売りシグナル

no-img2
みやじまくん

MACDやRSIの見方に似ていますよね?

no-img2
館長

そうだね。よく気がついた。
チャートは一見、難しそうだけどチャート自体の計算式のイメージがつかんでおけば
基本的な使い方は似たところが多いからわかり易くなるぞ。
それを踏まえてポイントをいくつか伝授!!

no-img2
館長

ポイント1
70~80を上へ突破したからと言って、すぐに逆張りで「売り」、
20~30を下に突破したからと言ってすぐに逆張りで「買い」は危険だ!

なぜなら、非常に強いトレンドが発生しているときは70~80以上の圏内での推移や
20~30以下の圏内での推移が続くことがあるんだ。

そこで逆張りに際しては、少しタイミングは遅れるが、70~80を上へ突破した後、再度70~80を下回れば「売り」、 20~30を下に割り込んでから再度20~30を上回れば「買い」のほうが賢明だ。
これはRSIに似ているよね。

ポイント2

スロー・ストキャスティクスについて


ここまで伝授してきた「ストキャスティクス」は「ファースト・ストキャスティクス」と言って、変化が激しすぎるので、現在、一般的には「ファースト・ストキャスティクス」より動きを遅くした「スロー・ストキャスティクス」が利用されている。
チャートが激しくて判定が難しいときに平均化するのもチャートの世界ではよく行なう手法だね。

■スロー・ストキャスティクス
%K 

「ファースト・ストキャスティクス」の%Dを「スロー・ストキャスティクス」の%Kとして使う。

%D 

スロー%Kの3 日間平均を「スロー・ストキャスティクス」の%D とする
スローストキャスティックスイメージ

一般的には、これらの「スロー%K」、「スロー%D」を使って上の①~③に当てはめ判断することとなる。

スローストキャスティックス利用方法イメージ

ネットで信用取引をはじめよう!●信用取引・現物取引、手数料の区別なし●制度信用だけではなく一般信用もOK!●信用取引に必要な投資情報も満載

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

ご留意事項

  • ●当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • ●当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • ●当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • ●証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン


TOPへ戻る