取引ツール・サービス

お客様の投資を徹底サポート

特別編2:標準偏差ボラティリティモデルを設定しよう

チャート道場タイトル

標準偏差ボラティリティモデルを
設定しよう

no-img2
館長

これから、「標準偏差ボラティリティトレード」で利用する3つのチャート

①標準偏差
②ADX
③ボリンジャーバンド

の描画方法と
これら3つのチャートのパラメーター設定を説明するぞ。

「テクニカルチャートの呼出」
no-img2
館長

さあ、まずは取引画面へログインだ
取引画面にログインできたら、次は「テクニカルチャート」を呼び出す。
取引画面の左側のメニューの下のほうにある「テクニカルチャート」をクリック! 取引画面の左側のメニューの下のほうにある「テクニカルチャート」をクリック!

no-img2
館長

これが「テクニカルチャート」の画面 これが「テクニカルチャート」の画面

「チャートの描画」
no-img2
館長

それでは「標準偏差ボラティリティトレード」で利用するチャートの描画に入ろう
「標準偏差」をはじめ、いろいろなテクニカルチャートを表示するためには
まず、テクニカルチャート画面の右上にある「テクニカル」ボタンをクリック チャートの描画

no-img2
館長

次はどのテクニカルチャートを描画するか選択する。
「サブチャート」をクリックするとメインチャートの下に描画できる各種チャートメニューが表示、
「アドオンチャート」をクリックするとメインチャート内に表示される各種チャートメニューが表示される 各種チャート 各種チャート

「標準偏差の描画」
no-img2
館長

それでは、いよいよ、チャートの一つ目「標準偏差」を描画する。
「サブチャート」のメニューから「標準偏差」をみつけて「標準偏差」をクリックしてチェックを入れよう 標準偏差 標準偏差

「標準偏差のパラメーター設定」
no-img2
館長

次に「標準偏差」で使うパラメーターの確認をしよう
「標準偏差」の右横にある「>」をクリックすると、パラメーターが設定できる。
パラメーターが「26」の設定であれば
「標準偏差ボラティリティモデル」の設定となる。
なっていなければ数字を「26」に設定するように! 右メニューの「標準偏差」パラメータ これで「標準偏差ボラティリティモデル」の一つ目のチャート「標準偏差」の設定は完了だ

「ADXの描画」
no-img2
館長

次に2つ目のチャート「ADX」のチャートを設定しよう。
「ADX」は「DMI」と言うチャートの中の1つだ。
まずは、「サブチャート」のメニューの中から「DMI」をみつけて「DMI」をクリックする。
チャートに「DMI」チャートが追加される。 ADX
ADX
「DMI」チャートには4本のラインが表示されるが、「標準偏差ボラティリティ」で使うのは「ADX」のみなので不要なラインは削除しておこう。
左側の「DMI」の右の「>」をクリックして、設定メニューを表示できたら、メニューの中から「ADX1」以外のチェックを外すんだ。
そうすると「ADX1」の1本のみがチャートに描画される。 ADX

「ADXのパラメーター設定」
no-img2
館長

次に「ADX」のパラメーターを設定しよう。
「DMI」と「ADX1」の両方の数値を「14」に設定。 ADX それと「石原順先生の推奨のADX」は「修整平均ADX」だ。
テクニカルチャートはこの「修整平均ADX」にも対応してるぞ。
「修整平均」にチェックを入れておこう! ADX

「ボリンジャーバンドの設定」
no-img2
館長

さあ、いよいよ最後のチャート、「ボリンジャーバンド」だ。
これまでの2つのチャートと同じように今度は「アドオンチャート」のメニューから「ボリンジャーバンド」をクリックしてチェックを入れて「ボリンジャーバンド」を描画させよう! 「ボリンジャーバンド」を描画させよう

「ボリンジャーバンドの描画」
no-img2
館長

次に「標準偏差ボラティリティ」に必要な「ボリンジャーバンド」の項目の設定をしよう。
まず、一般的な「ボリンジャーバンド」の描画は「移動平均線(真ん中のライン)」の上下に複数本のボリンジャーバンドが表示されるが、 「標準偏差ボラティリティ」では移動平均線に対して上下1本ずつの「ボリンジャーバンド」を利用する。
その設定方法は「ボリンジャーバンド」の右の「>」をクリックして設定メニューを表示し「移動平均線」と「標準偏差1」の2つにチェックを入れる。 「ボリンジャーバンド」を描画させよう

「ボリンジャーバンドのパラメーター設定」
no-img2
館長

そして、石原順先生の推奨は、「移動平均線」は「21」、そして「標準偏差」はボリンジャーバンドの順張り手法として、 「個別株式」や「株価指数」では「0.6σ」となる。
「ボリンジャーバンド」の設定メニューから「移動平均線」には「21」、「標準偏差1」には「0.6」を設定しよう。 「ボリンジャーバンド」を描画させよう
以上で石原順先生の「標準偏差ボラティリティトレード」のためのチャート設定は完了だ。

「標準偏差ボラティリティトレードモデルの見方」
no-img2
館長

利用方法はもうわかるかな?

①「標準偏差」と「ADX」の向きを確認する。

上向きになっていれば、「トレンドの発生」だ。

②次にトレンドの発生がわかっても「上昇トレンド」なのか「下降トレンド」なのかの区別がつかない。

「ボリンジャーバンド」で「買いシグナル」なのか「売りシグナル」なのか確認する。

「買いシグナル」のときは、「上側のボリンジャーバンド」つまり「+0.6σ」の外側に株価が飛び出したとき。
「売りシグナル」のときは、「下側のボリンジャーバンド」つまり「-0.6σ」の外側に株価が飛び出したとき。


そして、「利益確定」や「ロスカット」は「ボリンジャーバンド」の内側に入ったとき。
これをトレードの参考にしてくれ。

わからないときは、「特別編:名誉師範がやってきた!標準偏差ボラティリティモデルを使おう」でもう一度、勉強だ!
口座を持っているならログイン後の「石原順 特別動画コンテンツ 第1回・第2回」
も参考に!
もし、今ポジションを持っているなら、一度、この「標準偏差ボラティリティ」のチャートでどのあたりでポジションを持ったかを確認すると勉強になるぞ。

ネットで信用取引をはじめよう!●信用取引・現物取引、手数料の区別なし●制度信用だけではなく一般信用もOK!●信用取引に必要な投資情報も満載

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

ご留意事項

  • ●当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • ●当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • ●当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • ●証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン


TOPへ戻る