取引ツール・サービス

お客様の投資を徹底サポート

特別編:名誉師範がやってきた!標準偏差ボラティリティモデルを使おう!

チャート道場タイトル

名誉師範がやってきた!
標準偏差ボラティリティモデルを使おう!

「標準偏差ボラティリティモデルとは?」
no-img2
みやじまくん

館長!館長!大変だ~!
見かけない人が道着を着て道場に入ってきた~。
道場破りかもっ!!

no-img2
館長

ばっかも~ん!!
こちらにおられる方を誰だと思ってるんだっ?
名誉師範の石原順先生だぞっ。

no-img2
みやじまくん

ひえー!
ごめんなさ~い
でも、何でこんなところに~?

no-img2
石原名誉師範

今日は、私の必殺技「標準偏差ボラティリティトレード」を伝授しに来た。

no-img2
みやじまくん

えっ、今、世間で話題になっている「標準偏差ボラティリティトレード」を
直々に教えてもらえるんですかーー?
ヤッター!!

no-img2
館長

石原先生、わざわざありがとうございます。
「標準偏差ボラティリティ」は3つのチャートのみを使うトレード手法ですよね。

no-img2
石原名誉師範

その通り!
3つのチャートとは

①標準偏差
②ADX
③ボリンジャーバンド

の3つだ! 概要

no-img2
館長

この3つだけでエントリーするポイントとエクジット(手仕舞い)するポイントを
見つけるんですよね?
これは、とてもシンプルだ。

no-img2
石原名誉師範

まずは、
「標準偏差」と「ADX」でトレンドが発生しているかを確認する。
次に、
トレンドが発生していれば、「売る」のか「買う」のか、また、そのタイミングを
ボリンジャーバンドで判断する

no-img2
館長

「ボリンジャーバンド」は
チャート道場の「第4回 ボリンジャーバンド」で教えました。
「ADX」は「DMI」チャートのなかの一つですね。
これも、チャート道場の「第5回目 DMI」ですでに教えました。
ごく簡単に言うと「ADX」が上を向いていれば、
トレンドの発生を意味しているんでしたね。
それでは、標準偏差はどうやって使うのですか?

no-img2
石原名誉師範

標準偏差も利用方法は同じだ。
トレンドが発生しているときは「ADX」と同様に上を向く。
つまり、相場に大きなトレンドが発生する可能性のある局面は、「ADX」と「標準偏差」が上昇する。
相場にある一定の方向性が生じたことを教えてくれる指標はこの世に私がメジャーなところで知る限り2つしかない! 標準偏差とADXでトレンドの確認

no-img2
館長

じゃー、この2つが上昇していれば、「上昇」か「下落」か
どちらかにトレンドが発生していることが確認できる。
次に「売る」のか「買う」のか、そしてそのタイミングですね。
「売る」のか「買う」のかは「±DI」を使いますか?

no-img2
石原名誉師範

いや、館長、標準偏差ボラティリティトレードでは
「売り」「買い」の判断とタイミングは「ボリンジャーバンド」に委ねる。
「±DI」の判断もできるが、「±DI」の判断は複雑なので
知見がないと難しい印象だ!
もう一度、言う、
「売り」「買い」の判断とタイミングは「ボリンジャーバンド」で行う。

no-img2
館長

「売り」「買い」の判断とそのタイミングの両方を
ボリンジャーバンドで判断するとは
初心者には難しくないですか?

no-img2
石原名誉師範

いや、実に簡単だ。
ボリンジャーバンドを「順張り」で使う。
上側のボリンジャーバンドの上にあれば買い。
下側のボリンジャーバンドの下にあればば売り。
とてもシンプルだろう?! ボリンジャーバンドでエントリー(買い)
ボリンジャーバンドでエントリー(売り)

no-img2
館長

それではここまでの教えをまとめると
① 「標準偏差」と「ADX」が上昇していることを確認する。
上昇していれば、トレンドが発生。
②「ボリンジャーバンド」を見る。
上側の「ボリンジャーバンド」の上にあれば、「買い」
下側の「ボリンジャーバンド」の下にあれば、「売り」
ですね。

no-img2
石原名誉師範

その通りだ。

no-img2
館長

エクジット(手仕舞い)のタイミングはどうしますか?

no-img2
石原名誉師範

エントリーに「ボリンジャーバンド」を使っただろ?
基本的にはエクジットにも「ボリンジャーバンド」を使う。
エントリーの方法と逆にするんだ!
「買った」ときは上側の「ボリンジャーバンド」の内に入ったとき、
つまり上側の「ボリンジャーバンド」の下にもぐりこんだときに「売って手仕舞う」
「売った」ときも下側の「ボリンジャーバンド」の内に入ったとき、
つまり「ボリンジャーバンド」の上に入ったときに「買いもどす」。 ⑤ エクジットポイント(買いポジ利確)
⑥ エクジットポイント(売りポジ利確)

no-img2
館長

「ロスカット」はどうしましょうか?

no-img2
石原名誉師範

ロスカットもエクジット(手仕舞い)と同じだ。
「買った」ときは上側の「ボリンジャーバンド」の内に入ったとき、
つまり上側の「ボリンジャーバンド」の下にもぐりこんだときに「売ってロスカット」
「売った」ときも下側の「ボリンジャーバンド」の内に入ったとき、
つまり下側の「ボリンジャーバンド」の上に入ったときに「買ってロスカット」。

no-img2
石原名誉師範

常にロスカットを行うことが重要だ。
チャートを使ってトレードするときは機械的に淡々と行うべきだ。
ロスカットも上の方法で行えば、痛手は少ないはずだ。
なぜなら、順張りでロスカットしなければならないときは、
トレンドが弱かったときなので
ロスカットしてもロスは少ないはずだ。
大きなトレンドを捕らえるためのロスと考えてみてはどうかな。

no-img2
館長

何か注意しないといけないところはありますか?

no-img2
石原名誉師範

そうだね、設定するチャートのパラメーターについて言及しておこうか。

①「標準偏差」のパラメーターは「26」を使う

②「ADX」のパラメーターは「14」を使う。
一つポイントだが私の「標準偏差ボラティリティー」では 「修整平均ADX」を利用する。

③「ボリンジャーバンド」は
移動平均のパラメーターを「21」で設定し、 標準偏差(σ(シグマ))の設定を「±0.6」とする。 「±0.6」の設定は、「個別株」や「株価指数」のトレードで使う数値だ。
これらのチャート設定は、後ほど、館長から「FLASHチャート」を使って説明してもらおう。

no-img2
石原名誉師範

ポイント①!
すでにチャート道場で解説しているようだが、
改めて「ADX」と「標準偏差」の注意点について言及しておこう。
トレンドの発生は、上昇トレンドであろうと下降トレンドであろうと
「ADX」と「標準偏差」の向きは上向きだ。
「ADX」や「標準偏差」が下向きだから、下降トレンドだという判断は
誤りだから勘違いしないように!

ポイント②!
「ADX」を描画できるツールはどこにでもあるが、
「標準偏差」を描画できるツールは限られているようだ。

この指標が入ってないツールでどうやってトレンドと保ち合いを見分けるんだろうか!?
また、「ADX」についても「修整平均ADX」が描画できるかもポイントの一つだ!
岩井コスモ証券の「FLASHチャート」では
「標準偏差」も「修整平均ADX」も描画できるぞ!!

no-img2
館長

それでは、標準偏差ボラティリティトレードのための
3つのチャート:①標準偏差 ②ADX ③ボリンジャーバンドをFLASHチャートで描画する方法と
パラメーターの設定手順はここから確認できるぞ

ネットで信用取引をはじめよう!●信用取引・現物取引、手数料の区別なし●制度信用だけではなく一般信用もOK!●信用取引に必要な投資情報も満載

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

ご留意事項

  • ●当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • ●当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • ●当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • ●証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン


TOPへ戻る