取引ツール・サービス

お客様の投資を徹底サポート

第14回目 一目均衡表

チャート道場タイトル

一目均衡表

「一目均衡表って何?」
no-img2
みやじまくん

一目均衡表って言うチャートをよく耳にするから、
見てみたら何かごちゃごちゃしていて
このチャートはわかりにくいな~

no-img2
館長

おっ、みやじまくん
一目均衡表を勉強するんだね。
このチャートは確かに非常に奥が深いチャートなんだ。

no-img2
館長

一目均衡表は、一目山人(細田悟一氏)が編み出した相場分析の手法だ。
時間論・値幅観測論・波動論が三大骨子となっており、その中でも時間論に大きなウェートが置かれているのが特徴なんだ。
ただ、その分析の背景には哲学的な要素が色濃く、1985年には研究者は1万人強いるが、このチャートを認識できるレベルにいるのは10人程度と言われた奥の深いチャートだ。

no-img2
みやじまくん

聞けば聞くほど難しそうだな~。
館長、やさしく教えてくださいよ~。

no-img2
館長

そうだね。
ここでは、本当にさわりのところと一目均衡表の考え方のイメージを習得していくことにしよう!
まず、一目均衡表だが、5本のラインとローソク足で構成されている。

no-img2
館長

一目均衡表イメージ

no-img2
みやじまくん

そうか~、5本もラインがあるからややこしいんだな!

no-img2
館長

その5本のラインは、 ①転換線、②基準線、③先行スパン1、④先行スパン2、⑤遅行スパンの5本だ。

①転換線=直近9日間の最高値と、最安値を平均したもの。


②基準線=直近26日間の最高値と、最安値を平均したもの。


③先行スパン1=基準線と転換線を平均したもの。当日を含め26日先行させて表示させる。


④先行スパン2=直近52日間の最高値と、最安値を平均したもの。当日を含め26日先行させて表示させる。


⑤遅行スパン=当日の終値ですが、当日を含め26日遅行させて表示させる。

no-img2
みやじまくん

わぁ~、頭がパニックになりそうだ~。

no-img2
館長

確かにわかりにくいよね。
ちょっと整理してみよう。
①②に関しては、こう考えたらどうだろうか。
①②は何れも期間中の高値と安値の平均だから、簡易的な移動平均線って考えたらどうだろう。そうすれば、わかりやすい。移動平均線はここまで、いくつも見てきただろ?

no-img2
みやじまくん

なるほど、転換線は簡易的な9日移動平均線、
基準線は簡易的な26日移動平均線って考えるわけだな。
なんとなく整理できた感じだな~。

no-img2
館長

③④はこの2本の線で囲まれたところを「雲」という。
ここでは2本で1つのサインと考えよう。

no-img2
みやじまくん

具体的にはどうやって使うんですか?

no-img2
館長

それでは、具体的な使い方だ。
まずは、「好転」と「逆転」を覚える必要がある。
「好転」と「逆転」は3つの観点から判定する。

no-img2
館長

観点A:「①転換線」と「②基準線」を使った「好転」と「逆転」の判定

好転:①転換線が②基準線を下から上へ抜ける状態


逆転:①転換線が②基準線を上から下へ抜ける状態


ここでのポイントは
基準線の示す方向は、相場の方向性を判定する上で重要な役割を果たし、転換線が基準線を上回っても、基準線が上向きに転じなければ「好転」と言えない。

①基準線と②転換線は簡易的な移動平均線だ。
みやじまくん、何か気がついたかな?

no-img2
みやじまくん

あっ、そうか!
簡易的な移動平均線を使った「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」だ!
基準線の向きが重要って言うのも移動平均線分析と同じだっ~!
そう考えたらわかり易いな~。

no-img2
館長

転換線と基準線の好転例イメージ

no-img2
館長

次に
観点B:「雲」を使った「好転」と「逆転」の判定

好転:ローソク足が雲より上に位置している状態


逆転:ローソク足が雲より下に位置している状態


「雲」自体は、上げ相場では押し目の限界、下げ相場では戻りの限界と判断される。

 
no-img2
館長

雲好転例イメージ

no-img2
館長

観点C:「⑤遅行スパン」を使った「好転」と「逆転」の判定

好転:遅行スパンがローソク足を上回ってきた状態


逆転:遅行スパンがローソク足を下回ってきた状態

no-img2
みやじまくん

今の株価と26日前の株価を比べるわけだから、
今と26日前とどっちが強弱があるか比べているんだな。

no-img2
館長

遅行スパン好転例イメージ

no-img2
館長

そして、このA・B・Cの「好転」「逆転」を総合的に見る。
もし、A・B・Cが全て「好転」した場合、「三役好転」と言って「買いのポイント」となる。
つまり、「①転換線が基準線を上回る状態(基準線の上昇が伴うこと)」で、「②現在の相場が雲を上回り」「③遅行スパンが26日前の相場を上回る状態」だ!
「売りのポイント」は「三役逆転」といって、まったく逆の判定をするんだ。

no-img2
館長

ポイント!
3つの判定の優先度。
一番重要なのは「遅行スパン」での判定。これを最初のサインと見る。
次に重要なのは「転換線と基準線」の判定。
最後に「雲」の判定。よく雲を抜いたかが記事にされるが、他の3本のラインから比べると重要度は落ちる。これは最後の判定項目と考える。

ポイント2
「利乗せ」「半扱」というエントリーと手仕舞いの考え方もあるようだ。
■「利乗せ」でエントリー
・「遅行スパン」の好転で1/3を買う
・「基準線」と「転換線」の好転で1/3を買う
・「雲」の好転で1/3を買う

■「半扱」で手仕舞い
・「基準線」が横ばいになったら半分手仕舞い
・「基準線」まで価格が下がれば買い増し
・「雲」を下抜けしたら全部手仕舞い

ネットで信用取引をはじめよう!●信用取引・現物取引、手数料の区別なし●制度信用だけではなく一般信用もOK!●信用取引に必要な投資情報も満載

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

ご留意事項

  • ●当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • ●当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • ●当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • ●証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン


TOPへ戻る