取引ツール・サービス

お客様の投資を徹底サポート

第6回目 RSI(アールエスアイ)

チャート道場タイトル

RSI(アールエスアイ)

「RSIって何?」
no-img2
館長

今回は「RSI」を紹介しよう。
「RSI」はJ.W.ワイルダーが開発したテクニカルチャートで一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを計測しようとしたものだ。

no-img2
みやじまくん

ワイルダーってどこかで聞いた名前だな

no-img2
館長

そうだね。「DMI」の開発者と同じ人だね。他にパラボリックなど特徴的なチャートを開発している。
その中でも「RSI」の計算式は至って簡単。

RSI = 期間中の上昇幅合計 / 期間中の上昇幅と下落幅の合計
上の計算式でわかるように、上昇幅の累計と下落幅の累計を合計し、そのうち上昇幅の累計が全体の何パーセントを占めているかを表したものだ。一般的には14日間で計算する。
考え方としては、14日間全て上昇すれば100%となるので、イメージ的には14日間連続して上昇することってあまり考えにくく、その確率は低いでしょ?っという感じかな。
さらに言えば、一定期間における上昇分の割合を計算したものなので、その割合が偏った状態は長続きしないと言うところだろうか。

no-img2
みやじまくん

何となくイメージはわかるかな。
でも実際の使い方は何を基準に考えればいいのかなー。

no-img2
館長

そうだね。一般的な考え方は

・70~80でアップサイドリスクの高まり(買われすぎ)を示唆
・30~20でダウンサイドリスクの高まり(売られすぎ)を示唆
と判断するんだ。

no-img2
みやじまくん

「70~80」「30~20」ってずいぶん幅があるように思うんですけど・・。

no-img2
館長

いいところに目をつけたね。
このような考え方はどうだろう?

例えば、値動きが激しい個別株に「買われすぎの基準」を「70」、「売られすぎの基準」を「30」にするとサインが多く出過ぎるんだ。だから値動きの激しい個別株には「80・20」を適用する。
逆に日経平均株価などの指数を「80・20」に設定してしまうと、なかなかサインが出ないと言うこともありうる。だから、日経平均株価などの指数には「70・30」を適用するのが一般的なんだ。

no-img2
館長

もう一つポイントを教えるなら、
「70~80」を上回ったときに「逆張り」で新規のポジションを取ったり、ポジションを解消したりするのではなく、「70~80」を上回った後、次に「70~80」を下回るときに、新規ポジションを取ったり、ポジション解消をしたほうが賢明かも。と言うのは「RSI」のようなオシレーターと呼ばれるチャートは横ばいの相場では強みを発揮するものの、明確なトレンドが発生したときは効果を発揮しにくいとされているんだ。

「70~80」をつけたからといってすぐ逆張りしてしまうと、そのまま大きなトレンドが発生して飲み込まれてしまう危険があるんだ。
一呼吸おくことも重要だね。

no-img2
みやじまくん

そういえば、2017年10月に日経平均が16連騰したときにこれをもって逆張りしていたら大変なことになっただろうな。

no-img2
館長

ちなみにこれが「RSIチャート」だ!

こんな使い方も
no-img2
館長

上の使い方が一般的な使い方だけど、「コンバージェンス」と「ダイバージェンス」で判断すると言う方法も

■コンバージェンスは買いシグナル
コンバージェンス:価格が下落し安値を更新しているが、RSI が安値圏で安値を更新できず右肩上がりの傾向を示している状態。

■ダイバージェンスは売りシグナル
ダイバージェンス:価格が上昇し高値を更新しているが、RSI が高値圏で高値を更新 できず右肩下がりの傾向を示している状態。


no-img2
館長

ポイント!
先ほども述べたが、RSIは横ばいの相場では強みを発揮するものの、明確なトレンドが発生したときは効果を発揮しにくい。 現在のトレンドの有無を再度、確認することが大切だ。

NISA(少額投資非課税制度)◆株式で非課税投資◆投信で非課税投資●2013年までの軽減税率10%適用が終了しました。●最大500万円分の投資による売却益や配当金等が非課税!●税制メリットで個人投資家の長期資産形成を応援します!

ネットで信用取引をはじめよう!●信用取引・現物取引、手数料の区別なし●制度信用だけではなく一般信用もOK!●信用取引に必要な投資情報も満載

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

ご留意事項

  • ●当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • ●当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • ●当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • ●証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • 先物・オプション取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン
  • マイナンバー提示のお願い
  • !当社を騙った詐欺行為の情報が寄せられています。十分にご注意ください!
  • 投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIについて
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!【日本証券業協会】
  • 信用取引手数料の常識を変える!岩井コスモ証券ネット取引「信用取引限定 マンスリーコース」誕生!
  • 逆日歩を気にせずお取引!当社の一般信用取引で「売建」が可能な銘柄一覧「一般信用取引売建可能銘柄一覧」です
  • 「デイトレフリー」とは、信用取引で日計り取引(デイトレ)向けサービスです!手数料0円!金利0%!サービス開始!
  • 岩井コスモで始める外国債券投資


TOPへ戻る