取引ツール・サービス

お客様の投資を徹底サポート

第11回目 パラボリック

チャート道場タイトル

パラボリック

「パラボリックって何?」
no-img2
みやじまくん

うーん、何か最近、常にポジションを持っている感じがするなぁ
買ってるものを売ったらすぐに売りポジションを持っちゃうし、
売ってるものを買い戻したらすぐに買いポジションを持っちゃうし、
儲けたい一心からすぐポジションを作ってしまうなぁ!!

no-img2
館長

なんだ、みやじまくん、ポジポジ病にかかっちゃったか?

no-img2
みやじまくん

何です?ポジポジ病って?

no-img2
館長

負けを取り戻したくてちゃんと考えずに安易にポジションをもったり、もたざるリスクを感じていつでもポジションを持ってしまう投資家の状態を病気にたとえたものだ。

no-img2
みやじまくん

確かに何も考えずにすぐに買ったり、売ったりしてるな~。
これ、治せないかな?

no-img2
館長

特効薬とは言えないけれど、「パラボリック」というチャートを参考にしたらどうかな?
「パラボリック」はJ.W.ワイルダーが考案したテクニカルチャートで、常に「売り」か「買い」のポジションを持つ「ドテン(途転)」のシステムと言われているんだ。

no-img2
みやじまくん

えっ、「ドテン(途転)」のシステム?まさにポジポジ病の人のためのチャートじゃないですか?

no-img2
館長

いやいや、ドテンのシステムと言っても、ポジポジ病の人のためのチャートではないぞ。 鵜呑みにしてはだめだ。
注意点などちゃんと理解して使ってくれ!

no-img2
館長

パラボリックイメージその1

no-img2
館長

計算式はこうだ!
(計算式)
SAR=前日のSAR+AF×(EP-前日のSAR)

no-img2
みやじまくん

チャートって相変わらず計算式を見ただけではわからないな?

no-img2
館長

SARというのは上のチャートでローソク足の上側にある青色の点「」 やローソク足の下側にある赤色の点「」のことだ。

no-img2
館長

SARの計算の根拠となるのが「EP」と「AF」だ。
EP:一定の期間の(買い持ちしている期間の)最高値、
または一定の期間(売り持ちしている期間の)最安値
AF:加速因数。0.02からスタートして、「EP」が更新されるごとに0.02ずつ加算されてい く(最大値0.2)。

no-img2
みやじまくん

まだ、わからないよ~

no-img2
館長

イメージとしては仮に買いポジションを持っているときにその間の高値(EP)を抜くたびに加速因数(AF)がどんどん増えていく。そうすれば、SARの数値がどんどん上がっていくので、SARが株価に急接近、さらにどこかで株価を行き過ぎるんだ。
その行き過ぎたところが、ローソク足を抜かしたところ、つまりローソク足の上(下)に点がついたところだ。
つまり、このポイントが買われ過ぎ(売られ過ぎ)を意味することになる。

no-img2
みやじまくん

じゃー、そうなれば買っているものを売って、また、新たに売りのポジションを持てばいいんだな

no-img2
館長

その通り、上のチャートで言えば、ローソク足の上に青色の点があるときが「売りポジション」を持つ期間、ローソク足の下側に赤色の点があるときが「買いポジション」を持つ期間ということになる。

no-img2
館長

パラボリックイメージその2

no-img2
みやじまくん

これは、視認性が高くてわかり易いな~。
よしっ、早速、トレード開始だっ!!

no-img2
館長

おいおい、ちょっと待てっ!
このチャートの注意点を伝えておこう!

このチャートはトレンドが発生しているときには効果を発揮するけどトレンドがないときは「買ってはやられ、売ってはやられ」を繰り返すばかりだ。

no-img2
館長

パラボリック損失イメージ

no-img2
みやじまくん

本当だ!
そのまま使うと損しちゃうところだったよ。
じゃあ、パラボリックを使うときはトレンドがあるときに使えばいいんだな。
トレンドを見極めるには・・・・。
トレンドがわかるチャートを併用すればいいんだ。

no-img2
館長

その通り、例えばトレンドを見極めるためのDMIなんかを併用するといいかもしれないね。

no-img2
館長

パラボリックとADXの併用の例

no-img2
館長

ポイント!
DMI(ADX)は併用するチャートの一例。
他に併用して効果を発揮するチャートもあるはずだから、投資する商品・銘柄に相性のいいチャートを探してみよう。

ネットで信用取引をはじめよう!●信用取引・現物取引、手数料の区別なし●制度信用だけではなく一般信用もOK!●信用取引に必要な投資情報も満載

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

ご留意事項

  • ●当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • ●当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • ●当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • ●証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン


TOPへ戻る