取引ツール・サービス

お客様の投資を徹底サポート

第4回目 ボリンジャーバンド

チャート道場タイトル

ボリンジャーバンド

「ボリンジャーバンドって何?」
no-img2
みやじまくん

移動平均線のように一本の線を中心に何本も線が引かれたチャートを見たことがあるんですけど、このチャートも移動平均線分析の一種ですか?

no-img2
館長

それは、多分、ボリンジャーバンドじゃないかな?
1980年代初めにジョン・ボリンジャーが考案したテクニカルチャートだ。

(※右:ジョン・ボリンジャー氏)

no-img2
館長

確かに真ん中に移動平均線が引いてあるけど、その他の線は移動平均線ではなく、価格変動の統計学的な要素である「σ(シグマ:標準偏差)」と言うのが盛り込んであるんだ。
具体的には、移動平均線の上下にその「σ」に一定倍率の乖離を持つラインが描かれている。
そして、このラインを「ボリンジャーバンド」と言うんだよ。

no-img2
館長

一定倍率を
1倍(マイナス1倍)したラインを「+1σ(-1σ)」
2倍(マイナス2倍)したラインを「+2σ(-2σ)」
3倍(マイナス3倍)したラインを「+3σ(-3σ)」
と呼び、移動平均線を中心に描かれている。
ちょっと説明しただけでは、さっぱり、わからないだろ?

「標準偏差(σ(シグマ))」って?
no-img2
みやじまくん

その標準偏差(σ(シグマ))って何ですか?

no-img2
館長

いきなり、「標準偏差・シグマ」って言われても…?って感じだよね。
その計算式などは無視するとして、その考え方としては、先ほど「統計学的な要素」と言ったけど、とにかく次の数字をイメージしておくといいかもね。
1σ ≒ 68.3%
2σ ≒ 95.4%
3σ ≒ 99.7%
統計学的に何かがこの確率でこの範囲に収まるって考えればいい。
その何かが、株式のチャートの世界、つまりボリンジャーバンドの世界では「株価」だ。
つまり、「株価は上記の確率でボリンジャーバンドの範囲に収まる」と考えるんだ。

具体的にどう考えるのか
no-img2
みやじまくん

と言うことは、3σならかなりの確率ですよね。
じゃー、株価が3σを上回るってことは滅多にないってことですよね?

no-img2
館長

その通り。なかなか理解が早いね。
前述したように、ボリンジャーバンドというチャートでは、一般的に移動平均線と移動平均線を中心にして「+1σ」と「-1σ」、「+2σ」と「-2σ」、「+3σ」と「-3σ」の合計7本のラインが引かれている。

no-img2
館長

そして、ここからがボリンジャーバンドの考え方。
例えば、「+3σ」なら約99.7%の確率だよね。
もし、株価がこの「+3σ」のラインより上にはみ出してしまったら…。
約99.7%の確率でこの「+3σ」ラインの範囲に収まらないといけないはずなのにはみ出している異常事態の発生って考えられる。

no-img2
館長

従って、「買われ過ぎ」と判断するんだ。
逆に、株価が「-3σ」のラインより下にはみ出してしまったら…
約99.7%の確率でこの「-3σ」ラインの範囲に収まらないといけないはずなのにはみ出している異常事態が発生。
従って、「売られ過ぎ」と判断。
つまり、「+3σより上」、「-3σより下」で「逆張りシグナル」として利用するわけだ。

no-img2
館長

まとめると
価格推移がレンジ相場であれば、
ボリンジャーバンドの上端が、レジスタンス(抵抗線)として機能 ⇒ 価格がボリンジャーバンドの上端を上回っていれば「買われすぎ」として「売りシグナル」
ボリンジャーバンドの下端が、サポート(支持線)として機能 ⇒ 価格がボリンジャーバンドの下端を下回っていれば「売られすぎ」として「買いシグナル」
この逆張り手法のときは「+2σ(-2σ)」や「+3σ(-3σ)」を利用すればいい。

でも一つ重要なポイントが…。
no-img2
館長

実はここだけの話だけど、実際にボリンジャーバンドを使った逆張り手法は、なかなか難しい印象を持っている。
なぜなら、ボリンジャーバンドが上端に達したり、突破するときは、既に上昇トレンドが発生していて、確かにボリンジャーバンド内に収まって株価が推移するんだけど、ボリンジャーバンド自体が上向きとなっているから、そのまま上昇するボリンジャーバンドに沿って株価も上昇する傾向があるんだ。

no-img2
館長

これを「バンドウォーク」って言うんだ。

逆張りで利用するときは、ロスカットポイントをしっかり持って望むべきかな。ボリンジャーバンドの下端の場合も同様だよ。
先に「価格推移がレンジ相場であれば」と限定したのもそのためなんだ。

それではどうするのか?
no-img2
みやじまくん

う~ん、使いにくいチャートだな?どうすればいいんだろう?

no-img2
館長

ボリンジャーバンドをあえて「順張りシグナル」として利用してみるのはどうかな?
「トレンドを形成しようとしているときは、価格がレンジ相場を逸脱していく」って考えてみる。
つまり、ボリンジャーバンドの上端突破をもって「買いシグナル」、下端突破をもって「売りシグナル」とする考え方だ。

no-img2
館長

多くのボリンジャーバンドの説明は「逆張りシグナル」の利用を前提としているけど、実は、考案者のボリンジャー自身も先に説明した「逆張り手法」よりも「順張り手法」の重要性に言及しているんだよ。

「順張り」の具体的な方法は?
no-img2
みやじまくん

でも、3σ突破や2σ突破で順張りするって言うのは抵抗があるな~

no-img2
館長

確かにそれは無理な場面も想定できるね。
順張りでは違う数値を使おう。ここでは「+0.6σ」「-0.6σ」を利用することとする。
つまり、
「+0.6σ」の上端突破 ⇒ 「買いシグナル」の発生
「-0.6σ」の下端突破 ⇒ 「売りシグナル」の発生

とするんだ。
標準偏差の設定は、もちろん、対象商品によって修正する必要があるけど、当社のレポートでもお馴染みの「石原順先生」も日経平均株価などの株式指数では、 「+0.6σ(-0.6σ)」の利用を推してるよね。

no-img2
館長

ポイント!
「トレンドヒートマップ」では 「+0.6σ」ラインと「-0.6σ」ラインの向きや、終値が「+0.6σ」ラインを上回っているか、「-0.6σ」ラインを下回っているかをわかるようにしてあるから 是非、参考にしてみてくれ。

NISA(少額投資非課税制度)◆株式で非課税投資◆投信で非課税投資●2013年までの軽減税率10%適用が終了しました。●最大500万円分の投資による売却益や配当金等が非課税!●税制メリットで個人投資家の長期資産形成を応援します!

ネットで信用取引をはじめよう!●信用取引・現物取引、手数料の区別なし●制度信用だけではなく一般信用もOK!●信用取引に必要な投資情報も満載

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

ご留意事項

  • ●当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • ●当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • ●当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • ●証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • 先物・オプション取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン
  • マイナンバー提示のお願い
  • !当社を騙った詐欺行為の情報が寄せられています。十分にご注意ください!
  • 投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIについて
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!【日本証券業協会】
  • 信用取引手数料の常識を変える!岩井コスモ証券ネット取引「信用取引限定 マンスリーコース」誕生!
  • 逆日歩を気にせずお取引!当社の一般信用取引で「売建」が可能な銘柄一覧「一般信用取引売建可能銘柄一覧」です
  • 「デイトレフリー」とは、信用取引で日計り取引(デイトレ)向けサービスです!手数料0円!金利0%!サービス開始!
  • 岩井コスモで始める外国債券投資


TOPへ戻る