商品案内

豊富な商品ラインナップ

取扱商品・時間

商品

市場 商品 取引
大阪取引所 日経225先物 買建および売建 全限月(19限月)
日経225mini先物 買建および売建 全限月(16限月)
TOPIX先物 買建および売建 全限月(5限月)
JPX日経400先物 買建および売建 全限月(5限月)
東証マザーズ指数先物 買建および売建 全限月(5限月)
日経225オプション 買建および売建 全限月(25限月)

立会時間

  日中立会 夜間立会 概要
先物オプション
プレ・オープニング 8:00~8:45 8:00~9:00 16:15~16:30 注文のみを受付けてマッチングは行わない。
オープニング・オークション 8:45 9:00 16:30 板寄せ方式によるマッチングを行う
(取引が成立しなければ、ザラバに移行)。
レギュラー・セッション(ザラバ) 8:45~15:10 9:00~15:10 16:30~翌5:25 原則としてザラバ方式による取引
(取引の一時中断または停止を行った場合は、板寄せ方式により再開)。
プレ・クロージング 15:10~15:15 翌5:25~翌5:30 注文のみを受付けてマッチングは行わない。
クロージング・オークション 15:15 翌5:30 板寄せ方式によるマッチングを行う。

取引時間

前営業日に開始される夜間立会から当営業日の日中立会の終了時までを1サイクルとし、この1サイクルを取引日といたします。証拠金計算につきましては、取引日ベースにて行います。

先物・オプション利用時間

発注可能時間

発注可能時間

  • ※日経225先物、日経225mini、TOPIX先物では、取引所が訂正・取消を受付けない時間帯(ノンキャンセル・ピリオド)があります。ノンキャンセル・ピリオド前後に訂正・取消注文を発注された場合、注文照会画面にて注文状況を必ずご確認ください。
    【ノンキャンセル・ピリオド : 8:44~8:45、16:29~16:30、5:29~5:30】
    なお、15:14~15:15の時間帯(日中立会のクロージング・オークション直前1分間)におきましては、ノンキャンセル・ピリオドの対象外(注文の訂正・取消は受付可)となりますが、取引所では板寄せ直前における大口注文の訂正・取消等の一部禁止措置が適用されます。お取引の内容によっては、当社よりお客様に対してお問合わせや注意喚起を行う場合があります。
  • ※証券口座への振替は、上記ログイン不可時間帯および営業日の15:15~16:15を除く時間帯に行えます。出金を希望される場合は、お預り金に振替を行った後、出金指示を行ってください。
  • ※非営業日の時間帯ではメンテナンス等の理由で、計画的にサービスを停止する場合があります。
夜間取引について
  • ※清算値の配信に遅延等が生じた際は、夜間立会の注文の受付開始が遅れる場合や新規注文もしくは新規注文・返済注文双方の注文受付を停止する場合があります。
  • ※夜間立会における約定分の受渡日は翌取引日が終了する日となります。
  • ※サポート時間は17:00までとなっております。また夜間立会では障害時も含め、お電話での注文は受付けておりません(お電話での注文については、日中立会時かつ決済のみ承ります。ただし、取引手数料はインターネット発注手数料とは異なりますのでご注意ください。詳しくは、契約締結前交付書面の手数料欄をご覧ください)。

取引コースについて

各取引コースと注意事項

当社の先物・オプション取引口座には、以下の3種類の取引コースがあります。

① 「通常コース」
当社における先物・オプション取引の一般的な取引コースで、利用開始時は「通常コース」が設定されます。

② 「ロスカットコース」
ロスカット取引機能を有するコースです。

  • ・ 有効証拠金額を必要証拠金額(注文中の必要証拠金は除く)で除した有効比率がお客様にて設定する「ロスカット有効比率」を下回った場合、当社の任意により、全ての注文を取消したうえ、お客様の計算において全ての建玉の反対売買を行います。 なお、当該「ロスカット有効比率」は、当社の任意で変更する場合がございます。変更する際には、お取引画面ログイン後のお知らせや電子メール等でご連絡いたします。
  • s
  • ・ オプション取引はご利用できません。
  • ・ 有効比率が「アラート有効比率」を下回った場合、ご登録いただいているメールアドレス宛にアラートメールを送信させていただきます。 なお、当該「アラート有効比率」は、当社の任意で変更する場合がございます。変更する際には、お取引画面ログイン後のお知らせや電子メール等でご連絡いたします。

③ 「ハイレバレッジコース」
必要証拠金の掛目を通常よりも低く設定する代わりに、建玉を次のセッションに持ち越しできないコースです。ロスカット取引機能を有します。

  • ・ レギュラーセッション終了時に建玉がある場合、全ての注文を取消し、クロージングオークションで全ての建玉の反対売買を行います。全ての建玉の反対売買が完了しなかった場合は、次のセッション以降も反対売買注文を発注します。なお、この場合、当該建玉の強制決済が完了するまでの間は取引ができませんのでご注意ください。
  • ・ 日中取引のクロージングオークションで建玉を決済できず、日中取引終了後に建玉が残った場合、値洗いは通常コースと同様の計算を行います。証拠金不足等が発生した場合の手続きにつきましては、通常コースと同様の取扱いとなりますが、上項記載のとおり、建玉の強制決済は引き続き発注されます。
  • ・ 有効証拠金額を必要証拠金額(注文中の必要証拠金は除く)で除した有効比率が当社にて設定する「ロスカット有効比率」を下回った場合、当社の任意により、全ての注文を取消したうえ、お客様の計算において全ての建玉の反対売買を行います。 なお、当該「ロスカット有効比率」は、当社の任意で変更する場合がございます。変更する際には、お取引画面ログイン後のお知らせや電子メール等でご連絡いたします。
  • ・ 必要証拠金の掛目は当社の任意で変更する場合がございます。変更する際には、お取引画面ログイン後のお知らせや電子メール等でご連絡いたします。
  • ・ 取引が可能な商品は、日経225先物、日経225miniおよびTOPIX先物のメジャー限月(3・6・9・12月の各限月取引)の直近1限月のみです。ただし、売買最終日の4営業日前の夜間取引から次のメジャー限月の取引が可能となります。
  • ・ 有効比率が「アラート有効比率」を下回った場合、ご登録いただいているメールアドレス宛にアラートメールを送信させていただきます。 なお、当該「アラート有効比率」は、当社の任意で変更する場合がございます。変更する際には、お取引画面ログイン後のお知らせや電子メール等でご連絡いたします。

コース毎の証拠金掛目、ロスカット有効比率等

  通常コース ロスカットコース ハイレバレッジコース
証拠金掛目 120% 60%
ロスカット有効比率 なし 70%、80%、90%、100%
の中から選択
70%
アラート有効比率 なし 90%、100%、110%、120%
の中から選択
100%

※ロスカット有効比率とハイレバレッジコースの必要証拠金に対する掛目は当社の判断によって予告なく変更できるものとします。変更が生じた場合は遅滞なくお取引画面に通知します。

コースの変更について

PC(Web版)「お客さま情報」または、スマホアプリ「顧客情報照会・変更」→「登録コース」→「先物OP取引コース変更」より、取引コースの変更をお申込いただけます。

コース変更の適用タイミングは、下記のとおりです。

  適用条件・タイミング
通常コース 次の日中引け後より適用
ロスカットコース 次の日中引け後より適用
ハイレバレッジコース 当社における審査承認後の次の日中取引引け後より適用
  • ※ハイレバレッジコースへの変更は、当社における審査がございます。審査の結果、ハイレバレッジコースへの変更をお断りする場合がございます。その場合の理由については開示いたしません。
  • ※ロスカットコース、ハイレバレッジコースへの変更は、日中立会終了時に先物・オプションの注文や建玉があった場合、実行されません。
  • ※お手続きが完了するまでの間は従前の取引コースによる取引となりますのでご注意ください。

ロスカット取引について

ロスカット取引について

ロスカット取引機能は取引コースのうち、「ロスカットコース」「ハイレバレッジコース」において設定されます。 有効証拠金額を必要証拠金額(注文中の必要証拠金は除く)で除した有効比率が、上記「取引コースについて」にて示した「ロスカット有効比率」を下回った場合、当社の任意により、全ての注文を取消したうえ、お客様の計算において全ての建玉の反対売買を行います。

ロスカット判定の監視間隔

取引時間中において、お客様の有効比率が「ロスカット有効比率」を下回っていないかを10秒程度の間隔で監視しています。また、ロスカット取引の実施を3秒程度の間隔で行っているため、お客様の有効比率が「ロスカット有効比率」を下回ってからロスカット取引が執行されるまで、最大で13秒程度を要する場合があります。

証拠金の差入れ

「ネット取引による先物・オプション取引」を行う際の証拠金は、すべて現金で差入れていただきます。有価証券による代用は承っておりません。

発注必要証拠金(=発注するために必要な証拠金)

ネット取引において先物・オプション取引を行うには、SPAN®を用いて計算される証拠金額と新規建時の手数料が必要となります。発注が受付けられるためには、後述する有効証拠金額が発注必要証拠金以上である必要があります。

発注必要証拠金=SPAN®証拠金(※1)×証拠金掛目(※2)- ネットオプション価値総額(※3)

  • (※1)SPAN®に使用するパラメーターは株式会社日本証券クリアリング機構により、毎週最終営業日に公表され、公表日の翌週の第一営業日の日中取引終了後から適用されます(市況が急変した場合、臨時見直しと早期適用が実施されることがあります)。パラメーターの一種であるプライス・スキャンレンジが変更となる際は、取引画面のお知らせ等でご案内します。SPANパラメーターの設定情報については株式会社日本証券クリアリング機構のホームページをご覧ください。
  • (※2)証拠金掛目は取引コースにより異なります
通常コース ロスカットコース ハイレバレッジコース
証拠金掛目 120% 60%

(注)証拠金掛目は当社の任意で変更することがあります

  • (※3)「ネットオプション価値総額」= 買いオプション価値の総額 - 売りオプション価値の総額。リアル時価で計算します。

ただし、すでに建玉や注文がある場合は、それらを含め、下記の計算式において発注必要証拠金を計算します。

  • (他の建玉や注文を含めた発注必要証拠金額)

= [大きい方](SPAN証拠金(買ポジション注文+建玉), SPAN証拠金(売ポジション注文+建玉))×証拠金掛目 - ネットオプション価値総額

  • 「[大きい方](SPAN証拠金(買ポジション注文+建玉), SPAN証拠金(売ポジション注文+建玉))」 
  • ・・・ 注文を買いポジションと売りポジションに分けて、「買ポジションのみの注文+建玉」、「売ポジションのみの注文+建玉」でSPAN証拠金計算を行い(建玉はネッティング(相殺)して考えます)、リスクの大きな方のSPAN証拠金を必要証拠金とします。決済中の注文は、該当注文の同売買のポジションの新規建て注文と同様にカウントします。
  • (例)日経225先物において、
  • 買建玉が6枚、新規買注文が3枚、買返済注文が1枚
  • 売建玉が3枚、新規売注文が5枚、売返済注文が2枚

の状態における発注必要証拠金(通常コース)は、まず建玉をネッティング(相殺)すると、差引「買建3枚」となるので、

  • SPAN証拠金(買ポジション注文+建玉):(新規買注文 3枚)(買返済注文 1枚)+(買建3枚)7枚分
  • SPAN証拠金(売ポジション注文+建玉):(新規売注文 5枚)(売返済注文 2枚)+(買建3枚)4枚分

よって、日経225先物7枚分のSPAN証拠金(日経225のプライス・スキャンレンジ×120%×7枚)が必要となります。

  • ※建玉をネッティング(相殺)して考えるため、返済注文においても発注可能かどうかのチェックを行います。証拠金が足らずに返済できない場合は、「全決済注文」にて建玉の全てを返済することが可能です。

有効証拠金額

  • 有効証拠金額 =  受入証拠金 - 先物建玉評価損- 先物手数料- OP新規買注文概算金額
  • 受入証拠金:現金証拠金のほか、前日値洗い時点の先物評価損益、翌日受渡金額を含みます。
  • 先物建玉評価損:当日建玉については、建玉単価と直近時価の差額から評価損がある場合に該当の金額を拘束します。前日以前の建玉については、値洗い時の清算値段と直近時価の差額から評価損がある場合に該当の金額を拘束します。
  • 先物手数料:建玉および注文中の手数料

必要証拠金の前受

「ネット取引による先物オプション取引」では、お客様が新規建注文を発注される場合、その注文数量に対応する必要証拠金を事前にご入金いただく必要があります。

ご入金・ご出金

先物・オプション証拠金へのご入金や先物・オプション証拠金からのご出金はネット取引口座の預り金(または信用取引保証金)を通じて行っていただきます。

ご入金

先物・オプション証拠金へのご入金は、ネット取引口座からのオンライン入金やお客様専用振込口座等へご入金後、 「先物・OP」メニューにある「証拠金への振替」より預り金(または信用取引保証金)から先物・オプション取引口座に振替えてください。

ご出金

先物・オプション証拠金からの登録金融機関へのご出金は、先物・オプション取引口座より預り金に振替えていただき※1、ネット取引口座から出金申込を行ってください※2。

※1 先物・オプションログイン後の「先物取引」または「OP取引」メニューにある「お預り金への振替」より行ってください。

※2 営業日の15:30までに出金申込をいただいた場合、翌営業日にお客様の登録金融機関にお振込みします。

預り金(または信用取引保証金)⇔先物・オプション証拠金の振替について

振替可能時間帯

営業日15:30~16:15と4:00~5:00を除くオンライン利用時間帯

資金移動方法
  • PC(Web版)…入出金・振替-先物OP振替
  • スマホアプリ…入出金-先物OP振替
  • トレーダーNEXT…口座管理-出金申込-先物OP振替
  • 携帯画面…先物OP証拠金振替
  • ※振替可能時間帯に行われた振替は、リアルタイムで反映します。
  • ※臨時のシステムメンテナンス等により、資金移動ができない場合があります。
  • ※ご指示いただいた時のお客様の口座状況によっては、資金移動できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※振替可能額の計算については、「振替可能額について」をご参照ください。

証拠金の維持

建玉を維持していただくには、日中立会終了後の値洗いにおいて、SPAN®係数を100%で計算した最低維持証拠金以上の受入証拠金を差し入れている必要があります。受入証拠金がSPAN®係数を100%で計算した証拠金所要額を下回った場合、その下回った額を「追加証拠金請求額」として請求します。

最低維持証拠金=SPAN®証拠金×100%(SPAN®係数)-ネットオプション価値総額
受入証拠金=証拠金残高±先物評価損益

  • ※証拠金残高には未受渡の受渡代金を含みます。
  • ※「追加証拠金請求額」の計算は16:00頃に完了し、発生したお客様の取引画面に表示され、ご登録のメールアドレスとお知らせ画面に通知されます。
  • ※指数の変動状況等によっては、当社は当社の任意でSPAN®係数を変更できるものとします。
  • ※異なる商品グループの建玉がある場合、「追加証拠金請求額」の計算においては、SPAN計算に基づくリスク相殺分(商品間スプレッド割引額)が考慮される場合があります。

追加証拠金請求額と強制反対売買

値洗いの結果、受入証拠金よりもSPAN®係数を100%で計算した最低維持証拠金の方が大きいと追加証拠金請求額が発生します。

追加証拠金請求額の入金

追加証拠金請求額が発生した場合は、原則として16:00頃の取引画面に「追加証拠金請求額」が表示されます(また、追加証拠金請求額が発生しましたら、お客様ご登録のメールアドレスとお知らせ画面にご通知いたします)。お客様は追加証拠金請求額が発生した翌営業日の正午までに、追加証拠金請求額以上のご入金をいただき、先物・オプション証拠金に振替えて追加証拠金請求額を解消してください。

  • ※信用取引をご利用のお客様につきましては、信用取引の保証金の状態によって、ご入金金額の全額を先物・オプション証拠金へ振替できない場合がございますのでご注意ください。
  • ※建玉の全部決済により追加証拠金請求額の解消を行った場合、新規建注文の余力制限は即時には解除されません。 この場合、新規建注文の余力制限の解除が行われるのは、次の夜間取引開始時刻からとなります。

追加証拠金請求額未入による強制反対売買

追加証拠金請求額が発生した翌営業日の正午までに、先物・オプション取引口座に追加証拠金の入金を確認できなかった場合は、お客様の計算において、当社の任意の時間帯において全建玉を反対売買させていただきます。
なお、追加証拠金請求額未入強制反対売買に伴う委託手数料は、対面取引と同様の委託手数料率が適用されます。ネット取引の手数料率ではございませんので、ご注意ください。

証拠金の額についてご注意いただきたいこと

SPAN®に使用するパラメーターは株式会社日本証券クリアリング機構により、毎週最終営業日に公表され、公表日の翌週の第一営業日の日中取引終了後から適用されます。 お客様の建玉状況、清算値段に変更がない場合でも、パラメータの変更に伴い、証拠金不足が生じ強制反対売買の対象となる場合がございますのでご注意ください。
また、建玉を行う際に必要証拠金額を満たしていても、当日の相場変動により追加証拠金請求額が発生し、翌営業日の強制反対売買の対象となることがありますので、証拠金は余裕を持って差入れていただくことをお勧めします。

注文の種類

特殊注文

先物・オプション取引においても特殊注文(逆指値注文、逆指値+通常注文、IFD注文、IFDO注文)をご利用いただけます。留意事項につきましては、以下の各注文の同意事項をご参照ください。

発注条件

「指値」「成行」に加え、「最大指値」「引成」「不出来最大指値」を選択できます。

注文方法 説明
指値 売買価格を指定して注文する方法。(FAS、FAK、FOK)
成行 売買価格を指定せず、その時の市場の気配値で売買をする注文。(FAK、FOK)
最大指値 売買価格を指定せず、自動的に制限値幅の限度値(買いは上限値、売りは下限値)の指値となる注文。(FAS)
(※)強制決済(追証、ロスカット、ハイレバレッジコースにおいて、建玉をレギュラー・セッション時に保有していた場合)にのみ使用されます。
最良指値 売買価格を指定せず、最良の気配値で売買する注文(FAS、FAK、FOK)
引成 プレ・クロージング開始直後に成行(FAK)を発注する注文。
引値 プレ・クロージング開始直後に指値(FAK)を発注する注文
  • ・ご注文には執行条件を設定することができます。各条件は次のとおりです。
    FAS(フィル・アンド・ストア):一部約定後に未約定数量が残る場合は、引けまでその残数量を有効とする条件
    FOK(フィル・オア・キル):全数量が即時に約定しない場合は失効となる条件
    FAK(フィル・アンド・キル):一部約定後に未約定数量が残る場合は、当該数量は失効となる条件
  • ※成行注文ではFASを選択できないなど、発注可能な条件には制約があります。
  • ・ご注文の訂正に関しましては、「指値価格」と「数量」の変更が可能です。「指値→成行」「成行→指値」といった発注条件の変更はできません。発注条件の内容を変更されたい場合は、注文取消後に再度ご発注し直してください。

注文期限

注文期限は「当場限り」と「期間指定」を選択できます。「期間限定」は「週末」「取引最終日」および30日先までの指定注文が可能です。

  • ・株価指数先物・オプション取引にかかる呼値の制限値幅設定は、原則、四半期ごとに見直す運用となります。大阪取引所において制限値幅の変更が行われた際には、ログイン後取引画面の「お知らせ」等でご案内いたします。 制限値幅、サーキットブレーカー制度等について詳しくは日本取引所グループのウェブサイトをご覧ください。
    日本取引所グループ 先物・オプション取引制度

建玉の上限

「ネット取引による先物・オプション取引」では、1回の注文の発注上限および総建玉の上限を設けています。

先物

日経225先物 日経225mini TOPIX先物 JPX日経400
先物
東証マザーズ
指数先物
1回の注文発注上限 100単位 1,000単位 100単位 1,000単位 1,000単位
原資産ごとの建玉上限(買建・売建合計、新規建注文中含む) 合計 1,000単位
※日経225先物は10倍換算
合計100単位 合計1,000単位 合計1,000単位
総建玉の上限 合計 2,000単位
※日経225先物、TOPIX先物は10倍換算

オプション

日経225オプション
1回の注文発注上限 売建および買返済:10単位
買建および売返済:500単位
総建玉の上限 売建:10単位
買建:上限はありません

決済について

「先物取引」の決済

先物取引の決済方法には、反対売買による決済と最終(SQ)決済があります。

反対売買による決済

取引最終日までに、転売または買戻しによる反対売買を行って差金決済を行います。
取引最終日は各限月の第2金曜日(休業にあたるときは順次繰上げ)の前営業日の日中取引終了までです。

最終(SQ)決済

取引最終日までに反対売買されなかった建玉は、取引最終日の翌日においてSQ値との差金決済になります。

「日経225オプション取引」の決済

オプション取引の決済方法には、反対売買による決済と権利行使または権利放棄による決済があります。

反対売買による決済

取引最終日までに、オプションの買方は転売、売方は買戻しにより取引代金を授受することで決済を行います。
取引最終日は各限月の第2金曜日(休業にあたるときは順次繰上げ)の前営業日の日中取引終了までです。

権利行使と権利放棄(権利消滅)

「日経225オプション取引」は、取引最終日の翌日のみ権利行使が可能なヨーロピアンタイプのオプションです。オプション取引において権利行使がなされると、権利行使価格と特別清算値(SQ値)との差額で決済されます。

  • ・アウト・オブ・ザ・マネー(コールではSQ値<権利行使価格、プットではSQ値>権利行使価格)の場合、オプションは自動消滅します(オプションの自動権利消滅には手数料はかかりません)。
  • ・アット・ザ・マネー(SQ値=権利行使価格)の場合、オプションは自動消滅します(オプションの自動権利消滅には手数料はかかりません)。
  • ・イン・ザ・マネー(コールではSQ値>権利行使価格、プットではSQ値<権利行使価格)の場合、オプションの買建玉は自動権利行使されます(権利の自動行使には手数料がかかります)。

なお、利益が275円(最低手数料+消費税)に満たない場合は権利行使いたしません。
権利行使が行われた場合、売方は権利行使価格とSQ値との差額に相当する金銭を支払うことになります(手数料+消費税が別途必要です)。
当社ではオプション取引における権利行使が行われた場合には、大阪取引所より割当てられた数量を売建玉を有するお客様に当社が定めるところにより割当て、その結果を速やかに通知いたします。なお、割当ての方法等に関しては、当社は開示いたしません。

手数料

商品 委託手数料(税込)
日経225先物取引 1単位につき275円
日経225mini 1単位につき55円
TOPIX先物 1単位につき275円
JPX日経400先物 1単位につき55円
東証マザーズ指数先物 1単位につき55円
日経225オプション取引 約定代金の0.110%
※最低手数料275円、上限はありません。
※1口注文の取扱はありません。

※お電話による注文、追加証拠金請求額未入による強制決済は対面取引と同様の委託手数料率が適用されます。

振替可能額について

預り金への振替可能額は、以下の計算に基づきます。

振替可能額=[小さい方](有効証拠金(T)、有効証拠金(T+1))-発注必要証拠金

  • ※ハイレバレッジコースを選択中であっても、振替可能額の計算においては、通常コースと同じ証拠金掛目を用います。

その他

NISA(少額投資非課税制度)◆株式で非課税投資◆投信で非課税投資●岩井コスモで、上手に、しっかり「非課税投資」●年間120万円分の投資による売却益や配当金が非課税!●税制メリットで個人投資家の長期資産形成を応援します!

ネットで信用取引をはじめよう!●信用取引・現物取引、手数料の区別なし●制度信用だけではなく一般信用もOK!●信用取引に必要な投資情報も満載

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

ご留意事項

  • ●当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • ●当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • ●当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • ●証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン


TOPへ戻る