マーケットレポート

プロの視点からわかりやすいレポートを提供します。

「マーケットの最前線」

2019年8月13日

第189回「米国株の下値メドはどこか!?」石原順

石原順 石原順

  • 米国株の下値メドはどこか!?

    関税第4弾や中国を為替操作国に指定を決めたのは、トランプとピーター・ナバロ米国家通商会議(NTC)委員長である。この2人の確信犯の行動は基本的にブレない上に、2人とも反ウォール街である。

    ナバロは米中戦争の裏側でウォール街や富裕層は中国と結託し、ホワイトハウスに攻撃を仕掛けていると不満をあらわにしている。

    金融当局が米経済成長への唯一かつ最大の障害-ナバロ氏
    2019年8月5日 (ブルームバーグ)

    米経済成長を押し下げたのは貿易戦争ではなく引き締め政策だと指摘
    トランプ大統領のパウエル議長批判に同調する

    トランプ米大統領の通商顧問を務めるナバロ米国家通商会議(NTC)委員長は米金融当局について、米経済の力強い成長への唯一かつ最大の障害だと述べ、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長を批判した。

     ナバロ氏は4日放映の「FOXニュース・サンデー」とのインタビューでコメント。トランプ大統領は先週、中国からのさらなる輸入品3000億ドル(約32兆円)相当に9月1日から10%の追加関税を課すと発表した。

     パウエル議長は7月31日、0.25ポイントの利下げの根拠として対中貿易の緊張に何度も言及した。米金融当局の利下げは、貿易戦争の米経済への悪影響のバッファー(緩衝材)として多くの人が予想していた。

     ナバロ氏は、「パウエル議長が貿易を巡る緊張のせいだと言うとは皮肉なことだと思う」と述べた上で、「実際はパウエル議長が1ポイント利上げをし、量的引き締め(QT)を行ったことが米国内総生産(GDP)伸び率を少なくとも1ポイント押し下げており、議長の責任にほかならない」と指摘した。

    ナバロ氏の見解は、この1年、金融当局とパウエル議長を批判してきたトランプ大統領と一致している。


    ナバロやトランプは、株価急落の理由をパウエルFRBの愚かな政策のせいだとしており、パウエルは利下げをせざるを得ない状況に追い込まれていく。しかし、利下げのノリシロは2%しかなく、FRBが今年後半に追加利下げに動けば、景気後退や金融危機になった時に打つ弾がなくなってしまう。次の景気後退や金融危機にFRBはQE4(量的緩和第4弾)で対処するしかない。

    だから、10年単位でみた株の大きな買い場はQE4である。QE4が実施されるには、金融危機や株の暴落という大義名分が必要である。

    ウォーレン・バフェットが現金を温存し、株を買っていないのはQE4を待っているのである。

     さて、貿易戦争や金融戦争(通貨安競争という近隣窮乏化政策)の最中、今年の後半相場でNYダウはどの程度下げるのであろうか?

    投機筋のターゲットは昨年12月のクリスマスの安値である!


    ●NYダウ(週足)と波動カウント
    ①NYダウ週足 20190813.png


    新コンテンツ『石原順の日本株トレンドウォッチ』サービス開始!

    8月から岩井コスモ証券で『石原順の日本株トレンドウォッチ』という新しいサービスが始まっている。

    ●『石原順の日本株トレンドウォッチ』
    ②トレンドウォッチ 20190813.png
    ③トレンドウォッチ 20190813.png
    ④トレンドウォッチ 20190813.png

    強いトレンドが発生している期間は、「上昇トレンド銘柄一覧」か「下降上昇トレンド銘柄一覧」のなかに掲載されるが、新たに売りトレンドや買いトレンドが発生した銘柄には★マークが付くようになっている。投資は自己責任であり、最終的な売買の判断は読者ご自身でしなければならないが、強い買いトレンドや売りトレンドが発生中の銘柄を筆者のトレンド分析に基づいて抽出する『石原順の日本株トレンドウォッチ』が、読者の株式投資の参考になれば幸いである。

    銘柄は引け後毎日夕方に掲載される。詳細はサービスの開始前にまた紹介したい。このサービスは岩井コスモ証券の顧客限定サービスであり、口座のない方はぜひ岩井コスモ証券に口座を開設してくださるようお願いします。


    ら筆者のブログ『石原順の日々の泡』
    https://ishiharajun.wordpress.com/
    で、トレンド銘柄を記事として取り上げているので、ぜひ、ご覧ください。

    (石原順)


    ●大塚ホールディングス(4578)の日足とトレンドシグナル
    ⑤大塚 20190813.png
    出所:岩井コスモ証券FLASHチャート

    ●ソニーフィナンシャルホールディングス(日足)とトレンドシグナル
    ⑥ソニーフィナンシャル 20190813.png
    出所:岩井コスモ証券FLASHチャート


    ラリー・ウィリアムズの日本市場予測

    「ラリー・ウィリアムズは、9月まで弱気に転換したようだ。」と、先週のレポートに書いたが、今週は現在の軟調相場の底はもう少し先に延びるとみているようだ。

    基本的に円高・株安の相場である。日本勢が盆休みで流動性不足のなか、日本の当局が現在支えている105円割れには注意したい。


    ●ドル/円(週足)と三角もちあい
    ⑦ドル円週足 20190813.png

    ●ラリー・ウィリアムズの円通貨先物予測
    ⑧LW日本円通貨先物予測 20190813.png

    出所:ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)2019年8月13日 ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載。有料レポートのため、チャートおよび文章の一部を隠しています。

    ●ラリー・ウィリアムズの日経平均予測
    ⑨LW日経平均予測 20190813.png
    出所:ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)2019年8月13日 ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載。有料レポートのため、チャートおよび文章の一部を隠しています。



    日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』

    https://ishiharajun.wordpress.com/

    を参照されたい。




    石原順 プロフィール
    1987年より株式・債券・CB・ワラント等の金融商品のデーリング業務に従事、1994年よりファンド・オブ・ファンズのスキームで海外のヘッジファンドの運用に携わる。為替市場のトレンドの美しさに魅了され、日本において為替取引がまだヘッジ取引しか認められなかった時代からシカゴのIMM通貨先物市場に参入し活躍する。
    相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークには定評がある。現在は数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍中。




  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • 先物・オプション取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン
  • マイナンバー提示のお願い
  • !当社を騙った詐欺行為の情報が寄せられています。十分にご注意ください!
  • 投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIについて
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!【日本証券業協会】
  • 信用取引手数料の常識を変える!岩井コスモ証券ネット取引「信用取引限定 マンスリーコース」誕生!
  • 逆日歩を気にせずお取引!当社の一般信用取引で「売建」が可能な銘柄一覧「一般信用取引売建可能銘柄一覧」です
  • 「デイトレフリー」とは、信用取引で日計り取引(デイトレ)向けサービスです!手数料0円!金利0%!サービス開始!
  • 岩井コスモで始める外国債券投資

TOPへ戻る