取引機能・情報提供を大幅改善取引機能・情報提供を大幅改善

スマートフォンアプリの導入スマートフォンアプリの導入

スマートフォンアプリの導入スマートフォンアプリの導入

スマートフォンアプリを導入。銘柄選定から、お取引までスマートフォンで完結。いつでもどこでも充実したお取引環境を提供します。



必要な機能をスマートフォンに集約必要な機能をスマートフォンに集約


・スマートフォンアプリは、2020年1月初旬の導入を予定しております。導入日・ダウンロード方法等の詳細につきましては、あらためてご案内いたします。

トレーダーNEXTトレーダーNEXT

PC向け高機能取引ツール「トレーダーNEXT」の導入積極的にお取引される方にオススメ!

パソコン向け高機能取引ツール「トレーダーNEXT」導入。デイトレードから長期投資まで幅広い投資スタイルに対応。全ての機能、情報を無料でご利用いただけます。



板発注・スピード発注(2WAY)板発注・スピード発注(2WAY)


・「トレーダーNEXT」は、2020年1月初旬の導入を予定しております。導入日・ご利用方法等の詳細につきましては、あらためてご案内いたします。

3 情報提供の強化3 情報提供の強化

情報提供の強化情報提供の強化

情報提供機能を拡充。企業情報はもちろん、テーマ検索・株主優待情報など、多様な角度から、投資情報にアプローチいただけます。



「ビジュアル決算」「テーマ検索」「株主優待検索」など多彩な情報アプローチ機能「ビジュアル決算」「テーマ検索」「株主優待検索」など多彩な情報アプローチ機能


  • いずれの情報もパソコン・スマホの両方でご覧いただけます。

使い慣れた操作はそのまま使い慣れた操作はそのまま

積極的にお取引される方にオススメ!

基本的な操作は、現行システムの操作性を継続。違和感なくご利用いただけます。また、お客様のご要望をもとに、各種改善を実施します。



メニューの配置や基本的な操作はそのまま。お客様のご要望をもとに、各種改善を実施メニューの配置や基本的な操作はそのまま。お客様のご要望をもとに、各種改善を実施


5 投資信託・先物OP5 投資信託・先物OP

投資信託における改善投資信託における改善

スマートフォンでも投資信託取引が可能になります。また、パソコンの投資信託取引画面の検索機能・表示機能を改善します。



スマートフォンでも投資信託取引が可能スマートフォンでも投資信託取引が可能



先物・オプション取引における改善先物・オプション取引における改善

「通算損益の表示」「証拠金シミュレーション機能の導入」などの機能を改善します。
取扱い銘柄に『TOPIX先物』『JPX日経インデックス400先物』を追加します。
通常の取引コースに加え、自動ロスカット基準を設定できる「ロスカットコース」や、建玉をセッション(日中/夜間)内に決済しなければならない代わりに通常より少ない証拠金で取引ができる「ハイレバレッジコース」を導入します。



規定回数お取引きいただくとなんと1取引あたり220円(税込)