マーケットレポート

プロの視点からわかりやすいレポートを提供します。

「IwaiCosmo Market Topics」

2018年2月 5日

上昇相場の継続を示唆する株式相場サイクル

投資調査部 主幹 堀内 敏一 投資調査部 主幹 堀内 敏一

  • 急ピッチな米金利上昇が投資家の警戒感を誘い、世界的に株価が不安定化しています。ただ、ここにきて米金利に上昇圧力が掛かってきたのは、米景気が市場の想定以上に強いことが背景にあるといえます。実際、米景気指標は好内容のものが目に付き、米企業業績は税制改正の影響もあって日を追うごとに上方修正されつつあるなど、米国が良好なファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を維持していることに疑念を持つ向きは少ないと思われます。

     一方、米金利については、上昇ピッチの速さは気掛かりではあるものの、米金利の水準そのものはなお景気にさほど影響を及ぼすほどのレベルには至っていないと推測されます。というのも、景気拡大局面を長期化すべく、その時々の景気実勢に最適な政策金利の水準を推計する手法として有名な「テイラー・ルール」を用いると、現在の米国の適正な政策金利(短期金利:FF金利)は2%台後半に位置していると推測されるためです。これは、FRBが今年4回の利上げを実施してようやく届くレベルであり、逆説的にいえば、現状はまだ引き締め局面には至っておらず、あくまでも金融正常化に向けて歩を進めている(景気にはなお刺激的な金利水準に留まっている)段階にあると判断するのが妥当とみられます。

    今晩のパウエル新議長の就任式を皮切りに、今週はFRB高官発言が相次ぐ見通しです。市場安定化に向けた取り組みがなされる可能性は相応に高く、投資家が落ち着きを取り戻せば、現局面は「金融相場」から「業績相場」への過渡期と捉える向きが増えることになりそうです。


    20180205サイクル概念図.png




  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • 先物・オプション取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン
  • 2016年1月から債券・公社債投信の税制が変わります
  • マイナンバー提示のお願い
  • !当社を騙った詐欺行為の情報が寄せられています。十分にご注意ください!
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!【日本証券業協会】
  • 信用取引手数料の常識を変える!岩井コスモ証券ネット取引「信用取引限定 マンスリーコース」誕生!
  • 逆日歩を気にせずお取引!当社の一般信用取引で「売建」が可能な銘柄一覧「一般信用取引売建可能銘柄一覧」です
  • 「デイトレフリー」とは、信用取引で日計り取引(デイトレ)向けサービスです!手数料0円!金利0%!サービス開始!
  • 岩井コスモで始める外国債券投資

TOPへ戻る