商品案内

豊富な商品ラインナップ

先物・オプション取引

日経225先物・オプション手数料大幅値下げ!

先物取引

先物取引とは

先物取引とは、将来のあらかじめ定められた日(満期日)に特定の商品(原資産)を現時点で取り決めた価格で受け渡すことを売り手と買い手の間で契約する取引です。また、その契約はいつでも転売・買戻しを行うことで決済することができます。
ネット取引では、日経225先物、日経225mini、東証マザーズ指数先物の3商品を取扱いしています。

先物取引の特長

少ない資金で大きな取引が可能です

原則、先物取引は、SPAN®証拠金×120%(SPAN®係数)でお取引を行えます。

建玉1単位あたりの必要証拠金例(2016年12月19日の例)

日経225先物 日経225mini 東証マザーズ指数先物
必要証拠金例 1,008,000円 100,800円 91,200円
取引金額例 19,290,000円 1,920,000円 917,000円
レバレッジ 約19倍 約10倍

例えば、日経225先物の価格が19,290円で、建玉1単位あたりの必要証拠金が上記例の場合、必要証拠金1,008,00円に対し、取引金額は19,290円×1000=1,929万円となり、レバレッジは約19倍となります。日経225miniは、証拠金も取引金額も日経225先物の10分の1の取引になりますので、レバレッジは同じく約19倍となります。
商品が異なる東証マザーズ指数先物取引は、取引価格が917.0ポイントとした場合、取引金額917.0×1000=917,000に対して、必要証拠金は、91,200円となりますので、レバレッジは約10倍となります。

下落局面でも利益を得ることが可能です

「先物取引」は、「買い(買建)」だけでなく「売り(売建)」から取引を開始することができるので、相場の下落局面でも利益を得ることが可能です。

「金利」や「貸株料」が不要です

「先物取引」では、信用取引のような「金利」や「貸株料」が必要ありません。

投資対象がシンプル

投資対象は、新聞やテレビなどでよく目にする「日経平均株価」や「東証マザーズ指数」です。個別株投資のように銘柄選別の必要がなく、倒産リスクもありません。

取引の概要

日経225先物 日経225mini 東証マザーズ
指数先物
取扱限月 3月、9月の直近3限月および6月、12月の直近10限月の計13限月 3月、9月の直近3限月と6月、12月の直近10限月およびそれ以外の直近3限月の計16限月 3月、6月、9月、12月の直近5限月
1単位の取引金額 先物価格の1,000倍 先物価格の100倍 先物価格の1,000倍
呼値の単位 10円 5円 0.5ポイント
取引時間帯 日中立会 8:45~15:15
夜間立会 16:30~翌5:30
満期日 各限月の第2金曜日(休業日の場合は直前の営業日)
取引最終日 満期日の前営業日(取引は日中立会まで)
決済方法 取引最終日までに反対売買もしくは
満期日に算出される「SQ値」にて清算
委託手数料 1単位につき270円(税込) 1単位につき54円(税込) 1単位につき54円(税込)
建玉1単位に対する必要証拠金額(完全前受) SPAN®証拠金×120%(SPAN®係数)
※注
取引可能ハードウェア PC、タブレット
携帯電話(iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ)
スマートフォン(iPhone、Android)

携帯電話、スマートフォンからも「注文発注」が可能です。パソコンと同様「逆指値注文」、「逆指値+通常注文」も使えるので、取引チャンスが広がります!
  1. (※注)
  2. ・証拠金はすべて現金で差入れていただきます。
  3. ・SPAN®に使用するパラメーターは株式会社日本証券クリアリング機構により、毎週最終営業日に公表され、公表日の翌週の第一営業日の日中取引終了後から適用されます(市況が急変した場合、臨時見直しと早期適用が実施されることがあります)。パラメーターの一種であるプライス・スキャンレンジが変更となる際は、取引画面のお知らせ等でご案内します。SPANパラメーターの設定情報については、株式会社日本証券クリアリング機構のホームページをご覧ください。
  4. ・指数、または「プライス・スキャンレンジ」の変動状況によっては、当社は当社の任意でSPAN®係数を変更できるものとします。
  5. ・両建されている場合、異なる先物・オプション商品の建玉がある場合に拘束される証拠金については、「先物・オプション取引ルール」をご参照ください。

損益の概要

【例】「日経225mini」の場合

【買建】

【売建】

※手数料や税金等は考慮しておりません。

参考サイト

「先物取引」についてより詳しく知りたい方は、下記の日本取引所グループのホームページをご参照ください。

(参考)日本取引所グループHP
日経225先物
日経225mini
東証マザーズ指数先物
OSE先物・オプション シミュレーター

オプション取引

オプション取引とは

オプション取引とは、将来のあらかじめ定められた日(満期日)に、特定の商品(原資産)を、あらかじめ定められた価格で売買する「権利」を取引する取引です。ネット取引では、日経225オプションを取扱っております。 先物取引が売買の契約であるのに対して、オプション取引は「権利」を取引することとなります。「権利」の買い手(=オプションの買い手)は権利行使が不利になる場合は権利を放棄することができるため、オプションの買い手の最大損失額はオプションの買付時に要した金額となります。一方、オプションの売り手はオプションの買い手が権利行使を行うことを拒否できませんので、オプションの売り手の損失には制限がありません。
また、オプションの種類には、買う権利である「コール」と、売る権利である「プット」の2種類があります。

オプション取引の特長

少ない資金で取引ができます

オプションの買い手はプレミアムの代金だけで、売り手は証拠金を差し入れることで取引に参加できます。

オプションの買い手は損失を限定しながら利益を追求できます

オプションの買い手は、損失の範囲が支払ったプレミアム金額に限定されます。

オプションの組み合わせによって相場の停滞時でも利益を追求できます

複数のオプションを組み合わせることで、相場の上昇時や下落時だけでなく、相場の停滞時でも利益を出せる投資戦略を組むことができます。

取引の概要

日経225オプション取引
取扱限月 3月、9月の直近3限月と6月、12月の直近10限月およびそれ以外の直近6限月の計19限月
1単位の取引金額 オプション価格(プレミアム)の1,000倍
呼値の単位 50円以下:1円
50円超~1,000円以下:5円
1,000円超:10円
取引時間帯 日中立会 9:00~15:15
夜間立会 16:30~翌5:30
満期日 各限月の第2金曜日(休業日の場合は直前の営業日)
取引最終日 満期日の前営業日(取引は日中立会まで)
決済方法 1.反対売買
取引最終日までに反対売買することで決済を行ないます。
2.権利行使
取引最終日までに反対売買で決済しなかった場合で、満期日に「SQ値」が権利行使価格を「コールについては上回っている状態」「プットについては下回っている状態」の場合、買い手は権利行使価格と「SQ値」との差額を受取ることができます。逆に売り手は支払う必要があります。
3.権利放棄(権利消滅)
取引最終日までに反対売買で決済しなかった場合で、満期日に「SQ値」が権利行使価格を「コールについては上回っている状態」「プットについては下回っている状態」になっていない場合、買い手は権利放棄(消滅)することができます。
委託手数料 約定金額の0.108%(税込)
※最低手数料270円、上限はありません。
※1口注文の取扱はありません。
建玉1単位に対する必要証拠金額
(完全前受)
SPAN®証拠金×120%(SPAN®係数)- ネットオプション価値総額
(※注)
取引可能
ハードウェア
PC
携帯電話(iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ)
スマートフォン(iPhone、Android)

携帯電話、スマートフォンからも「注文発注」が可能です。パソコンと同様「逆指値注文」、「逆指値+通常注文」も使えるので、取引チャンスが広がります!
  • (※注)
  • ・証拠金はすべて現金で差入れていただきます。
  • ・SPAN®に使用するパラメーターは株式会社日本証券クリアリング機構により、毎週最終営業日に公表され、公表日の翌週の第一営業日の日中取引終了後から適用されます(市況が急変した場合、臨時見直しと早期適用が実施されることがあります)。パラメーターの一種であるプライス・スキャンレンジが変更となる際は、取引画面のお知らせ等でご案内します。SPANパラメーターの設定情報については株式会社日本証券クリアリング機構のホームページをご覧ください。
  • ・指数、または「プライス・スキャンレンジ」の変動状況によっては、当社は当社の任意でSPAN®係数を変更できるものとします。
  • ・両建されている場合、異なる先物・オプション商品の建玉がある場合に拘束される証拠金については、「先物・オプション取引ルール」をご参照ください。
  • ・オプション買建のみの場合も、同様の計算式に基づいて計算されます。

損益の概要

損益の概要

コール、プットともに、買い手は損失が限定され、利益は限定されておりません。一方、売り手は利益が限定されておりますが、損失は限定されておりません。

参考サイト

「日経225オプション取引」についてより詳しく知りたい方は、下記の日本取引所グループのホームページをご参照ください。

(参考)日本取引所グループHP
日経225オプション取引
OSE先物・オプション シミュレーター

先物・オプション取引のはじめかた

「ネット取引」による先物・オプション取引のはじめかたについてご案内いたします。

先物・オプション取引ルール

「ネット取引」による先物・オプション取引のルールをご案内いたします。

NISA(少額投資非課税制度)◆株式で非課税投資◆投信で非課税投資●岩井コスモで、上手に、しっかり「非課税投資」●年間120万円分の投資による売却益や配当金が非課税!●税制メリットで個人投資家の長期資産形成を応援します!

ネットで信用取引をはじめよう!●信用取引・現物取引、手数料の区別なし●制度信用だけではなく一般信用もOK!●信用取引に必要な投資情報も満載

金融商品の取引にかかる手数料およびリスクについて

当社が取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料等をお読みください。

ご留意事項

  • ●当サイトに掲載されている情報は、当社のご案内やその他の情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。情報のご利用にあたっては、お客様ご自身で判断なさいますようお願いいたします。
  • ●当サイトに掲載されている情報に関しては万全を期してはおりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、掲載されている情報等は最新の情報ではない可能性があり、予告なく変更・廃止されることもありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●万一、当サイトに掲載されている情報を用いたことにより、何らかの損害を被った場合でも、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。
  • ●当サイトからバナー・テキストリンク等でアクセスできる第三者が運営するサイトは各々の責任で運営されているものであり、こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。
  • ●証券投資に関する最終決定は、お客様ご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 口座開設費・管理費無料 口座開設
  • 初めての方へ
  • ネット取引 ログイン
  • 先物・オプション取引 ログイン
  • くりっく365 取引所FX ログイン
  • くりっく株365 取引所CFD ログイン
  • 2016年1月から債券・公社債投信の税制が変わります
  • マイナンバー提示のお願い
  • !当社を騙った詐欺行為の情報が寄せられています。十分にご注意ください!
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!【日本証券業協会】
  • 信用取引手数料の常識を変える!岩井コスモ証券ネット取引「信用取引限定 マンスリーコース」誕生!


TOPへ戻る